2010年08月17日

お知らせ

2010年度よりブログを移行しました。
http://twv-geneki.blogspot.com/


ホームページも新しくしました。
http://twvjp.zxq.net/

リンクしていただいていた皆様、
お手数ですが変更よろしくお願いします。

新ホームページの方でも、
相互リンクをどんどんさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願いします。
twv.shinkan@gmail.com
(@を半角にしてください)


posted by TWV at 23:17| 新潟 ☁| Comment(19) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

現役報告no.2

現役3年の小松です。報告が滞っていて申し訳ありませんでした。以下、OB連絡会で報告した分の報告です。続きを読む
posted by TWV at 18:53| Comment(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

現役報告07−01

現役報告です。OB連絡会で配った資料の訂正版です。

no.48 プレツアー 黒姫 2/23〜25
OB1:前田3:安達、L工藤、福村、山森2:小松、長谷川、塚越、白浜
1:秋山、山岸

唐木、藤井の二人が直前に不参加になったが、黒姫をうて、また、佐渡山も晴天に恵まれ、満足のいくスキー山行となった。三泊の予定だったが、三日目に佐渡山からベースキャンプに戻った時点で、時間に余裕がありそうだったので、雪上訓練(雪洞、ビーコン、支点作成、アイピケ)を急いで終わらせ、二泊で下山した。結果、搬出訓練中に日没となり、最後20分ほどは雪のつもった林道上の日没後行動となった。

No.49三月合宿 八幡平 3/10〜14
3:L安達、小畑、工藤、福村、山森2:小松、白浜、塚越、長谷川1:秋山、藤井

12日から13日にかけて強い冬型になる予報であったので、当初安比から入山する予定だったが、八幡平スキー場から入山し、その日中に御生掛温泉に下山し、縦走を目指すことにした。しかし、八幡平で視界がなくなったので、茶臼小屋に引き返し、結果そこで3泊する。その後GPSの力も借りながら、御生掛温泉に
おりた。

No.50残雪船形山 3/15〜16
3:L安達、福村、山森2:sL白浜、長谷川1:秋山
三月合宿との接続であったので、メンバーは疲労気味であり、シールトラブルも多かったようだが、それ以外は大きな問題もなく、残雪企画としては成功。

No.51残雪ナルミズ 3/23〜24
3:L安達2:sL塚越、白浜、小松
日本海低気圧接近の予報のため、2泊の予定を一泊にした。そのため、ナルミズを滑れるのは、もともとかなり厳しくなったが、加えて小松が膝を痛めたため、ナルミズの姿は全く拝むことなく終了。天気だけにはむなしく恵まれた。

No.52残雪 雪倉3/31〜4/2
3:sL山森、L工藤、福村2:長谷川
ゴンドラで高度を上げたので、初日にメンバーの多くが軽い高山病にかかった。休憩し、水を飲ませたら回復。初日に乗鞍を目指すもリミットに阻まれ、その後、雷雨の中一時間ほど行動し、消耗したようだが、翌日からは快晴でスキーを楽しんだ。雪倉へ向かう途中の急登では斜度がきつくかなり苦戦した模様。

No.53 残雪 雨飾山4/3〜4/5
3:山森、L工藤、sL福村1:藤井
雪倉からの接続。思いがけずパウダースノーにもめぐまれ、雨飾、天狗原を楽しむ。一年生の体力不足がめだったが、全体として特に問題はなし。
新年度
no.1 沢初め 大音沢、葛葉4/7、8
3:工藤 2:白浜、L塚越、(sL)長谷川、吉村(初)1:秋山

4/7は沢初め。塚越が企画し大音沢へいった。8日は長谷川のsL企画。ハーケンに直接スリングをタイオフしたため、長谷川のL権は見送り。その後は、秋山の養成もかねた。秋山はN権を取得。
posted by TWV at 17:07| Comment(1) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

現役報告No.16

2006年度山行No.46 1年冬山 日光白根山(企画:3年小畑) 1/20,21

今回は1年生2人を引き連れ07年初の企画となりました。高気圧の恩恵に与り、好天の中で日光白根のピークを無事踏むことができました。


次回の山行は、プレツアー黒姫山(2/23〜26の3泊4日)です。
また、今年の3月合宿は3月上旬〜中旬で八幡平が計画されています。
posted by TWV at 00:26| Comment(1) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

現役報告No.15

2006年度山行No.45 2年冬山 甲斐駒・仙丈(企画:3年安達) 12/31〜1/3

例年になく11人という大所帯での2年冬山となった今回は、天候に恵まれ、1/1に仙丈ケ岳、1/2に甲斐駒ケ岳ピークに立ち、当初の計画通りで終えることができました。


1/20,21には、山行No.46 1年冬山 日光白根山(企画:3年小畑)が企画されています。
 
posted by TWV at 00:25| Comment(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

現役報告No.14


2006年度山行No.43 2年雪訓巻機山(企画:4年小松)
1日目は7合目まで進み、例年通りの雪訓を行い限界下でサイトをした。2日目はメンバーの体調が悪かったため、早々にTWV小屋へ下り残りの雪訓を行った。去年に比べ積雪量が少なく、特にラッセルに苦労する場面は少なかった。


2006年度山行No.44 1年雪訓谷川岳(企画:3年小畑)
1日目はリフト終点手前でアイピケ、ビーコン、滑落停止など最低限の雪訓を行い谷川山頂を目指したが、好天にもかかわらず時間が足りずに断念した。2日目は体調不良だった1年生と合流し、前日と同じ場所で残りの雪訓を行った。


12/31〜1/3には3泊4日(予備2日)で、山行No.45 2年冬山甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳が企画されています。
posted by TWV at 12:06| Comment(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

現役報告No.13

山行No.41 沢sL企画丹沢戸沢11/18(企画:2年長谷川)
長谷川のL権獲得がかかった今山行では、ハーケンへのビナのかけ方が間違っていたため、残念ながらL権獲得は来年へと見送られた。

山行No.42 初冬企画爺ヶ岳11/25,26(企画:3年工藤)
一日目に天候に恵まれ、快晴無風の中、北アルプス爺ヶ岳のピークを踏むことができた。
なかなかきれい写真が取れているので、詳しくは下の記事をご覧ください。


12/9,10には、
山行No.43 2年雪訓巻機山が企画されています。

posted by TWV at 01:38| Comment(2) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

現役報告No.12


山行No.40 秋企画荒船山11/11,12(企画:2年唐木)
2日目に2時間ルートを失うというアクシデントがあったが、無事目的の荒船は踏破。

山行No.41 丹沢前大沢11/11(企画:3年工藤)
初トレースとなる前大沢での遡行は、午前中に雨に見舞われ、F2上でバックすることとなった。
長谷川はこの企画で無事sL権を獲得。


11/18,19には、
山行No.42 沢sL企画丹沢戸沢(企画:2年長谷川)
が企画されています。
posted by TWV at 04:10| Comment(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

現役報告No.11


山行No.39 丹沢四十八瀬川ミズヒ沢、寄沢滝郷沢左俣・水棚沢
11/3〜5 (企画:2年塚越)

2日目終了後に木村・福村が分離下山、山森が合流、3日目朝に工藤が分離下山するなど、人の入れ替えが激しかった。企画自体は、ワンゲルで過去にあまり出されていない沢が多く、丹沢の開拓に役立ったのではないだろうか。
今回でsL権を獲得する見込みであった長谷川は、環の閉め忘れなどの失態が目立ち、sL権獲得は今週末の企画に持ち越しとなった。


11/11,12には、
山行No.40 秋企画荒船山(企画:2年唐木)
山行No.41 丹沢前大沢(企画:3年工藤)
が企画されています。
posted by TWV at 23:32| Comment(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

現役報告No.10


山行No.38 沢L養成 西丹沢中川川大滝沢本流(鬼石沢)(10/28)(企画:2年塚越)
日曜雨天の予報のため、悪沢は諦め鬼石沢のみの遡行となる。
今まで被養成者であった2年長谷川に加え、今回新たに3年山森がトップに出る。丹沢に珍しくナメのある滝に一同感動?。
長谷川が今週末の養成を次第でsLになる見込み。


今週末は、
山行No.39丹沢寄沢(企画:2年塚越)が11/3〜5の3連休を予定して企画されています。 
posted by TWV at 17:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

現役報告No.9

現役報告No.9です。


山行No.37 秋企画 女峰山・男体山10/21,22(企画:2年吉村)
土曜出発で、メンバー一名が遅刻するというアクシデントもあったが、予定通り唐沢小屋でサイトを、女峰山・男体山を巡り紅葉を楽しんだ。日光は観光客で混雑し、観光までとは行かなかったようだ。


10/28,29は、
山行No.38沢養成西丹沢 悪沢〜沖箱根沢〜鬼石沢(企画:2年塚越)が企画されています。
posted by TWV at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

現役報告No.8

現役報告No.8です。

32 沢登り 湯檜曽川東黒沢・宝川ナルミズ沢 10/3〜4 (企画:2年塚越)
2年長谷川と、大山川で沢Lとなった2年白濱のツートップでの遡行。
小雨に見舞われることもあったが、一日目で東黒沢遡行→一の沢下降、二日目でナルミズ沢を遡行し、白髪門経由で下山。上越のナメを楽しんだ。


33 道+藪企画 帝釈山脈縦走 10/7〜9(企画:2年木村)
南ア深南部藪企画が中止となったため、2年木村にとっては新人練成尾瀬に続いて2つ目の企画となる。
熱帯低気圧となった台風15号の勢力が三陸沖に残り、山中では積雪も見られるほどだった。二日目に藤井が体調を崩したため、藪入り前に分離下山させる。その後残りの6名で隊を進めるものの、寒冷な気候に苦しめられるなど困難な山行となったが、目的の花沼湿原、田代山、帝釈山を巡り無事下山。


34 沢登り 恋の俣 10/7〜9(企画:3年安達)
雨天により中止。


No.35 道企画 木曽御岳 10/14,15(企画:3年藤田)
一週間前の積雪のよる影響が心配されたが、特に問題とすることもなく、天候のも恵まれ、最高峰剣が峰を巡り完遂。木曽福島で観光も楽しんだようだ。


No.36 沢登り 上越巻機山周辺 米子沢・ヌクビ沢登山道〜ミツクラ沢右俣
10/14,15 (企画:4年大原)
昨年企画されるものの、悪天候により幾度となく延期になった企画である。
見事天候に恵まれ、一日目に米子沢、二日目にミツクラ沢右俣を遡行した。
L4年大原は一年越しのリベンジに感無量。



10/21,22には2年吉村による、男体山&女峰山が予定されています。
posted by TWV at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

現役報告No.7

順番がおかしくなっていますが、現役報告No.7です。
道・沢・藪トレなどの準備山行が中心になっています。

夏・秋企画について知りたい、という方は現役報告No.6を参照してください。

山行No.12 6/24,25
藪トレ 幻湿原(企画:3年安達)
怒涛の藪トレ3本のうちの2本目。
1日目で体調の悪い2年1名を下ろすも、無事定番の笹壁を乗り越え完遂した。

山行No.13 6/24,25
沢トレ 豆焼沢(企画:3年福村)
同じ週に藪トレがあり、2年を欠いた遡行となった。
豆焼沢に加えナメラ沢も下降する予定であったが、豆焼に苦戦しナメラ沢は断念した。

山行No.14 7/1,2
新人練成 尾瀬ヶ原(企画:2年木村)
例年以上に残雪が残っていたため、7月まで延期となった山行。
燧ケ岳を打ち、湿原を巡り、新人2人は満足したことだろう。

山行No.15 7/1,2
沢トレ 和名倉沢(企画:3年安達)
悪天候のため、翌週に延期。→山行No.17

山行No.16 7/8,9
道トレ 甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳(企画:3年谷田)
道トレはこれを含め2隊出る予定であったが、翌週に延期して1隊にまとまった。→山行No.19

山行No.17
???

山行No.18 7/15〜17
藪トレ 三国峠(企画:3年藤田)

山行No.19 7/15,16
道トレ 甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳(企画:3年谷田)

山行No.20 7/15,16
沢トレ 和名倉(企画:3年安達)

山行No.21 7/15,16
道トレ 中ア(企画:3年小寺)



現役報告No.8は、夏合宿編でお送りします。

posted by TWV at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

現役報告6 〜夏・秋企画編〜

現役3年工藤です。
現役報告〜夏・秋企画編〜です。

今年の夏もTWVでは夏合宿をはじめたくさんの企画が提案され、各々の夏を満喫し、ワンゲルでの夏は終了しました。
この現役報告では、それぞれの企画を紹介程度に記してあります。
彼らの奮闘振り、思い出話などは各記事を参照してください。


山行No.25 8/20〜24
道+藪縦走 木曽山脈縦走 (企画:2年長谷川)
当初は8〜9人のエントリーであったが、夏合宿後の疲れも相まって結局4人での縦走となった。
大雨でのタイムロスや、藪でのRFミスもあったが、4泊5日で大平から木曽駒までの縦走を完遂した。

山行No.26 9/9〜11
沢登り+夏山縦走 北アルプス赤木沢(企画:3年福村)
当初は5泊6日の計画で、雲ノ平、黒部五郎岳、さらに水晶・鷲羽岳も行く予定だったが、秋雨前線のために赤木沢と薬師岳を巡って終了した。

山行No.27 
藪縦走 南ア深南部 (企画:2年木村)
L権者が集まらず、中止となりました。
木村は10/7〜9に新たに田代帝釈で道+ヤブ縦走を企画。

山行No.28 9/20〜21
秋山縦走 大峰山脈 (企画:2年田中)
2泊3日の計画でしたが、1泊2日で全日程を完遂しました。
今回は、大普賢岳〜弥山〜釈迦ヶ岳を縦走し、熊野と吉野を結ぶ大峰奥駈道の一部を踏破。

山行No.29 9/18,19
秋山縦走 九州祖母傾山塊 (企画:2年白濱)
台風のため、9/17,18日は現地で停滞。
無事、傾山〜祖母山を完遂した。下山後は各々観光を楽しんだ模様。

山行No.30 9/23〜25
秋山縦走 屋久島 (企画:2年小松)
パーティはNo.29の九州山行から接続。
宮ヶ浦岳、縄文杉を愛でる。

山行No.31 9/27〜30 実働3日 予備1日
沢登り 東北虎毛山高松岳周辺虎毛沢 (企画:3年福村)
悪天のため中止。


32 沢登り ナルミズ沢(企画:2年塚越)
33 道+藪企画 田代帝釈(企画:2年木村)
34 沢登り 恋の俣(企画:3年安達)←雨天により中止
はすでに日程を終了していますが、審議会でのFB終了後に報告します。


10/14,15には
No.35 道企画 御岳(企画:3年藤田)
No.36 沢登り 米子沢(企画:4年大原)
が企画されています。
posted by TWV at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

現役報告.5

現役3年工藤です。

現役報告も不定期更新になりつつあります。
よろしくない傾向も改め、6・7月は夏合宿への準備山行が目白押しですし、順次この現役報告を更新していきたいと思います。



山行.7 6/3,4
新人練成男体山(企画:2年小松)

新人練成一本目です。
1日目は太郎山を打ちましたが、L藤田が体調不良。
翌日も体調が優れないため、2日目で即下山しました。
メインの男体山を拝むことなく終了。


山行.8 6/3,4
沢L養成 丹沢水無川本谷〜大日沢〜四町四反ノ沢(企画:3年工藤)

沢L養成も中盤戦に入ってきました。
今回はN以上、本ザック縦走でマッチョな企画となりました。
土日はどちらも天候が優れず、水無本谷を遡行した時点で
オバケ沢出合での沢中泊は心配されましたが、予報が回復。
本谷は一部だけ書策新道でカットとなりましたが、
無事全行程を終えることが出来ました。


山行.9 6/10,11
藪トレ 白毛門 (企画:3年工藤)

藪トレ企画3本のうちの1本目です。
2004年度とは逆ルートを取り、1日目に白毛門を打ってからの薮入りとなりました。
稜線のサイドに雪渓が棚状に残る場面が見られ、6月始めということで藪自体も薄い印象でした。
1日目のサイト地を延ばし、2日目には9時ごろにすでに下山してしまいました。
地図読みで難しいこところもなく、藪トレとしてはやや空腹感が否めませんが、1本目でトップの仕事を身につけるには2年にとって比較的ちょうどよいトレとなったでしょう。


山行.10 6/17,18 
新人練成 尾瀬ヶ原 (企画:2年木村)

燧ケ岳ピークへの残雪が多いということで、7-1に延期となりました。


山行.11 6/17
沢L養成  小室沢   (企画:2年塚越)  
沢救助訓練 丹沢モミソ沢(企画:3年福村)

2日行動可能なら小室沢、1日のみなら救助訓練@モミソという計画でしたが、日曜の予報が悪く土曜のみの救助訓練となりました。(小室沢by塚越は7-2に実施の可能性あり)

モミソ沢は3段11mまで遡行した時点で、1年山岸が足を負傷したという設定で下降を開始しました。
3年工藤、2年白濱、塚越、長谷川の介助による下降の後、出合で渡渉訓練、懸垂岩で岩トレをして終了しました。


6/24,25には
山行No.12 藪トレ 幻湿原(企画:3年安達)
山行No.13 沢トレ 豆焼沢(企画:3年福村)
が計画されています。


以上。



posted by TWV at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

現役報告No.4

現役3年工藤です。
久しぶりの現役報告になります。

山行No.4 5/13,14
前大沢&セドの沢左俣(L権認定)は雨天のため中止

山行No.5 5/20,21
前大沢&セドの沢左俣(L権認定)

土曜は雨天により前大沢が潰れました
日曜は2年塚越のL権認定である、セドの沢左俣。
初回者として1年山岸を連れての認定となりました。
天候にも恵まれ、トップとして文句のないザイル運びで完遂。
これにより塚越は見事沢L権を獲得しました。
おめでとう


山行No.6 5/27,28
水無川本谷〜大日沢〜四町四反ノ沢
雨天のため中止

6月3,4日は
山行No.7の新人練成男体山(2年小松初企画)
山行No.8水無川本谷〜大日沢〜四町四反ノ沢(企画:3年工藤)
が予定されています。

以上



posted by TWV at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

現役報告3

現役3年Kです。

GWには、3〜6日の4日間で沢L養成が、3・4日には残雪企画空木・木曽駒が出ました。

沢L養成は丹沢源次郎沢・勘七ノ沢・本間沢・原小屋沢で行われ、勘七のみ完遂はなりませんでしたが、4日間好天に恵まれ、2年SとH2人の養成を満足に進めることができました。後半では1年Aも参加しました。

残雪企画空木・木曽駒では、2日目で木曽駒を打つことができましたが、1日目に起きた4年2人の滑落、小地獄先への進退判断に関してFBの場で問題とされました。現在事故報告書を作成中で、今後詳しく報告がなされるでしょう。また、初トレース企画で初sL企画であった今山行を通した審議自体も問題視され、3・4年会においてその問題点および改善点について現在議論中です。

今週末は2年Tの沢L認定としてセド左沢、沢L養成として初トレースの前大沢が出る予定でしたが、土曜の天候が悪いため日曜にセド左沢のみ遡行する予定です。

posted by TWV at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 現役報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。