2006年10月22日

奥日光

2006年度山行No.37 秋企画 女峰山、男体山(10/21~22)
企画者:吉村
3:L小寺
2:H木村
  F田中
sL吉村 
1:EF藤井

10月21日(土) 晴れ
7:00北千住駅−7:20快速出発−9:15(日光駅着)−タクシー−11:10(霧降高原から入山)−12:00(焼石金剛手前)12:10−13:05(赤薙山手前)13:10−14:00(石峰)14:10−15:05(2350m付近)15:10−15:35(女峰山)15:40−16:05(唐沢小屋)

7:00北千住駅集合。集合時間が早朝なので、2人寝不足。予定通り快速列車に乗る。紅葉シーズンの週末で天気が良いため、浅草発の列車は観光客で混雑していた。9:15日光駅着。
日没までに唐沢小屋に着けるか分からないため方針を練る。女峰山手前の危険箇所、日没時間、細い水場でテントが二張はれるとの記述から、水場で通過リミット14:50を設定する。日没までの唐沢小屋着にピッチ読みでは余裕無しだが、女峰山手前の危険箇所を越えているため、安全であると判断した。日光駅は外国人観光客もたくさんいて、かなり賑わっている。タクシーに乗る。道中紅葉を見ながら、霧降高原に11:05分頃着。30分くらいで3300円。
体操して、藤井トップで11:10出発。リフト乗り場の方ではなく、丸山ハイキングコースから登山道がある。ハイキングコースになっているだけにたくさんの人とすれ違った。12:00焼石金剛手前でタルミ。この辺りは紅葉がきれい。周りはガスっているが、丈の低い植物ばかりで見通しは良い。途中からコメツガ林の中に入る。赤薙山まで急な登りが続く。赤薙山からは稜線が細くなっているが、林の中なので危険ではない。ペースが早く、読みより大分早い。途中からガスが晴れて、太陽が照ってくる。
14:00石峰着。一里ヶ曽根は展望良し。14:30細い水場をリミット20分前に通過。確かにテント二張りはれるスペースがある。女峰手前の危険箇所は、岩場で、雨や強風の時は少々注意。稜線上では気づかなかったが、振り返ると茶色い山肌がところどころ見えている。女峰山ピークはガスって展望無し。天図の時間まで20分しかないため、5分で出発。岩場を下って唐沢小屋手前で、小寺さんに残ってもらい、藤井を天図デポ。
唐沢小屋16:05着。すでに2パーティー来ていた。唐沢小屋は2階建てのきれいな小屋で、かなり詰めれば、30人以上泊まれそう。2階が空いていたのでザックを置いて、外でサイト。17:30くらいまで結構明るかった。ここでドコモの電波が3本たっていたので、緊急連絡先にメールで唐沢小屋着を連絡。19:00には就寝。小屋の中は暖かかった。

10月22日(日)晴れ
4:30起床−5:35唐沢小屋出発−5:45水場−6:251800m付近6:35−7:25一般車通行止め7:30−8:252100m付近−9:40男体山10:05−10:552000m付近11:05−11:551500m付近登山道12:00−12:20二荒山神社バス停

5:30ぐらいから明るいだろうと予想して4:30起床。5:30体操。外は明るく、行動できる。5:35出発。5:45水場着。小屋から10分くらい下った登山道の途中にある。水量は多い。涸れ沢を左に見ながら、緩やかな道を下る。途中で工事用レールを乗越える。林の中を下っていくと、荒沢出合で渡渉。かなり大きな岩がごろごろあり、水量はほんの少し。岩を渡れば増水時も問題なく渡渉できそう。10分くらいの急登の後、林道に出る。
志津乗越で、新人練成のとき通った道と合流。男体山の登りはここから750mくらいしかなく、巻機山の登りと雰囲気が似ていて、樹林の中を急登する。2pでピークへ着く。南側は雲海だったが、北側は雲がなく、白根山、太郎山など展望良し。晴れていて風がなく、暖かかった。
下りは、足に悪そうな岩岩したきつい下り。延々下って行くとだんだん緩やかになってくる。10:55に2000mくらいから6合目まで登山道の迂回路を通る。車道に出ると、ここでタクシーを呼べそうだったが、読みで残り50分だったので計画通り下る。途中修験者に会う。二荒山神社中宮はかなり立派だった。眼前に中禅寺湖が広がる中宮を出ると目の前にバス停がある。そこで下山連絡を入れて、F清算、反省会をして解散。紅葉シーズンだったため、日光は観光客が多すぎた。風呂、飯、観光して、15:00くらいに東照宮に行こうとしたが、観光客が多すぎて、タクシーも呼べず、2時間くらい行列に並んでバスで東武日光駅まで帰った。観光シーズンは、タクシーの予約や帰りのバスなどに気をつけた方がいい。


【関連する記事】
posted by TWV at 00:00| Comment(0) | 秋山一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。