2006年09月16日

祖母傾山塊

秋企画 祖母傾縦走      企画者 白濱

九折ー傾山ー尾平越ー祖母山ー神原

面子 3L小寺 2sL白濱 小松 H塚越 E唐木 1WF伊藤

9月16日(土)雨
 台風の近づく中緒方駅に15:30集合。集合の日を遅らせることも考えたが、交通機関が麻痺することを恐れて変更はなし。各々様々な手段でアプローチをする。飛行機組は前日にもう大分入りしていた。自分はバスで来るが、電車が落雷で遅れ、接続の悪さも相俟って遅刻。
 もうすぐ緒方というところで先についているメンバーから、緒方では台風をやり過ごせないという連絡が入る。そこで、豊後竹田に行くことにする。何でも駅員から「豊後竹田駅は広い」という情報を得たらしい。
 しかし、移動してみるとそれほど広くないし、台風をやりすごせる場所もない。とりあえず本日は駅で寝て、明日改めていい場所を探すことにする。皆でUNOをして就寝。

9月17日(日)雨午後から風が混じる
 2年で場所を探す。トンネルとその近くの運動公園の野球場下がよさそう。午後から暴風域に入るらしいので、食料を買い込み早速トンネルへ移動。トンネルはうるさいのと排ガスくさいのとで長居はしたくない。運動公園は朝の時点で何かの大会をやっていたので、小松と唐木に偵察してもらう。その間UNO。どうやらもう人はいなくて管理人だけらしい。早速移動し、野球場三塁側アルプス裏側の物置っぽい所にテントを張る。
 管理人のお姉さんに一晩借りてよいかと尋ねると、怪訝な顔をしつつも承諾してくれる。ありがたい。携帯番号と団体名を伝え、緊急避難場所として借りる申請書に記入する。台風接近時の特例措置なのだろう。
 これで堂々と借りられるので、テントをザイルで縛り、準備を整える。あとはみんな思い思いのこと(基本はUNO)をして過ごし就寝。小寺さんと塚越はテント内の蒸し暑さとにおいに耐えられずオカン。夜は暴風だけで、雨はそれほど降らなかったらしい。

9月18日(月)曇りのち雨
1725(傾登山口バス停)ー1807(九折傾登山口)
 台風は夜中に抜けてしまい、8時ごろにはもう収まっていた。8時には撤収する約束をしていたのでさっさと駅に戻る。駅の観光案内所の扉が台風により壊れていた。駅の待合室ではじめはUNOをしていたが、一日中やっていてもつまらないから豊後竹田の観光をしようと言うことになる。唐木以外はお勧めルートを堪能する。
 その後、駅にデポをし、電車とバスを乗り継いでようやく入山。入山前に強い雨が山間部で降っていた。
 バス停から50分ほどで登山口に到着。林道沿いの沢はなかなか豪快で沢でも有名な山域ということも頷ける。登山口にはきれいな小屋があり、傾山登山ルートに関する詳細な情報があった。これを見ていると停滞で緩んだ心が引き締まる思いがする。
 小屋ではサイトをし、伊藤の天図指導をしてUNOをして就寝。アプローチも停滞も長かっただけに明日からが楽しみである。

9月19日(火)晴のち曇
530(起床)ー607(九折出発)ー703(観音滝上の林道)713ー803(960m)813ー843(三ツ尾)ー910(坊主コース分岐)935ー1025(6mカンテチムニー手前)1038ー1148(15m上)1200ー1240(傾山山頂)1255ー1402(1378m)1412ー1435(九折越小屋) 
 天候もよく、全員の体調も良好なので三つ坊主に行くことにし出発。増水の心配もあったが昨日より明らかに水量が減っているので大丈夫だろう。はじめは少し登山道がわかりづらいが、案内に従えば問題はない。観音滝を左に見て落ち口へトラバースしていくルートは左が切れており、所々滑る岩場もあるので慎重にいく。渡渉点は水量が多く、靴が濡れるのは覚悟しなければならない。川床が滑るので慎重に渡る。増水時は絶対に渡れないだろう。
 三尾までは急登となり高度を稼ぐ。坊主ルートへの分岐についた後補助ロープを塚越に渡し、確保用具を出す。塚越と自分以外チェストハーネスをする。いざ三つ坊主へ。
 せっかく気合を入れたのに岩場はほとんどない。ただの荒れた登山道である。6mカンテチムニーまでで怖い所は2m程のクライムダウンと岩場のトラバリぐらいだが、慎重に行けば問題ない。6mカンテチムニーは左から容易にいけるが一応手がかりを出す。ついているロープはぼろぼろで使いたくない。その後も2mクライムダウンはしっかりしたはしごがあり容易。15mも容易だが一応手がかりを出す。誰も使わなかった。これで三つ坊主通過。総じてたまに岩場が出る程度で、あとは荒れた登山道といった感じ。注意していけば問題ない。ガスっていたのが残念であった。
 山頂に行く途中、崩壊した箇所が一箇所あり手がかりを出すも、あっという間に到着。しかし、相変わらずガスの中。ガスがはれる気配もないので下る。が、山頂から直接南西方向の尾根に行ってしまい、15分ほどイモる。岩々してなかなか楽しい尾根ではあった。正解ルートはいったん少し戻った所に分岐があった。小ピョコを越えて急坂を下ると快適な登山道となる。急坂を過ぎたあたりでトップを伊藤にチェンジ。あまりに快適なのでみんながんがん進む。すぐに九折越小屋(傾小屋)についてしまった。実に快適な小屋で焚き火もできた。
 みんなで焚き火を囲みUNO。時々ガスの中から顔をのぞかせる猫耳型の傾山が美しかった。

9月20日(水)晴時々曇
500起床600発ー707(笠松山)720ー822(本谷山)835ー925(1388m)935ー955(ブナ広場)1005ー1027(尾平越)1037ー1130(1500m)1140ー1210(古祖母山)1220ー1330(障子岳)1345ー1440(天狗岩先のコルのサイト場)
 2年が多いためかサイトが早い。予定より早く出発できるかと思いきや唐木がトイレに行き結局予定通り。道が快適なためか隊の体力があるためか笠松、本谷と読みの7割程度で進む。すぐに1225mブナ広場へつく。水を汲み、さらに進むと尾平越。尾平越はトンネルの通っているコルよりひとつ西のコルにあった。本谷山からここまでならどこでもサイトできるといった印象。
 ここから古祖母山への登り。直下にははしごとロープがあった。残り300mが遠かった。古祖母山は展望があまりよくないので障子岳へいく。障子岳も直下に岩場があった。障子岳は展望があったので長めにたるむ。サイト場までの道は所々展望台への道が錯綜しややこしい。だが総じて歩きやすい道なのでサイト場には予定よりかなり早く着く。サイト場は天狗岩先のコルの水場への分岐を過ぎて40m程行くと1張程度の場所が作ってある。
 サイト地では天図指導をしたり、水汲みやウィンナーを賭けてUNOをしたりして就寝。塚越はダニを怖がりながらもオカン。行程は長かったが、皆それ程疲れは溜まっていないようなので安心する。

9月21日(木)晴
430起床600発ー700(祖母山山頂)730ー815(国観峠)825ー916(1090m)927ー1020(駐車場)1030ー1115(神原)
 ラジオを聴くと韓国語が入る。聞きにくかったが、天気は良いらしく祖母山に期待を膨らませる。サイトは今日も早く予定よりかなり早く出発できそうだが、またも唐木がキジ。結局予定通り。祖母山には1ピッチで到着。直下にははしごやロープが多数あり、雨天時の通過や下山は要注意である。
 祖母山は展望がよく、360度の大パノラマであった。歩いて来た縦走コースが一望でき満足。特にでこぼこした傾山が印象的である。坊主ルートに行けてよかった。ちなみにこのときの唐木のはじけっぷりは本山行のMVPである。
 長めにたるんだ後下山する。が、またもイモる。完全縦走コースへ下ってしまったようだ。下山は昨日程ペースが上がらず、読みどおり。国見峠までは泥斜でロープ多数あり。国見峠からの下りも同様である。雨の日は泥だらけになることは必至。台風のためかそれとも前からあったのか渡渉点の手前に倒木が何本かあった。渡渉点は雨天時でも何とか渡れそうだった。
 その後は整備が行き届いており、高速化する。ただ、丸太で整備されたところは滑りやすいので注意。右にきれいな沢を見つつ下る。御社の滝は実に美しい。次は沢登りに来ようと心に決める。御社の滝から先はさらに整備され、観光案内の看板が多い。看板を読みながら下る。駐車場には新しいトイレと休憩所があり、快適そうである。しかし、そこにあるパンフレットにより、目指す温泉が休館であることを知り、士気が落ちる。
 後はだらだら下り、神原へ。神原にはなかなかいい案内所があり、ネットもできるし有料だがシャワーも浴びられる。少し待ってバスで豊後竹田へ行き、デポ回収後少し遠くのなかなかいい温泉へ入る。そして、うまい食堂で打ち上げをして終了。後は駅でUNO。なんともUNOづくしの山行であった。

まとめ
登山道は総じて整備されていて歩きやすい。ピーク直下にある岩場がいいアクセントになる。


posted by TWV at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏山一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。