2006年04月28日

新人合宿2隊雲取山

新人合宿2隊
FB 3年L小寺 谷田 藤田 3名
2年E唐木 W木村 FH田中 長谷川 4名
1年 伊藤 藤井  2名
4/28(金) 
立川駅に集合。木村のW仕事怠慢発覚。バルバロイの面白い話をしたので許
す。21:30頃白丸駅に降りる。奥多摩駅まで歩く。河原の休憩所、駅バ
ス停で各自寝る。

4/29(土)晴れ→曇り→晴れ
6:05バス→6:40頃出発7:53登山道とりつき
→8:53 1010m→9:57分岐1416m
→10:58ブナ沢先→11:20奥多摩小屋11:45→12:30避難
 小屋→1:40雲取山荘2:00→3:20白岩山→3:30白岩小屋

(午後から雷などで天気が崩れると聞き、前日にLどもは慎重路線を取ること
に決めていた。)
車道をトットコ歩き、登山道を探すのに手間取りやっと見つける。位置が実
際と少し違う地形図に不信感。2年に地図を聞いたりして暇つぶしをしなが
ら歩く。いい天気だ。途中でコルのことを1年に教える。2年前に同じ場所
でやったこと、懐かしい。七ツ小屋に向かう途中で田中君が地形図の不備を
指摘。地形図に不信感。奥多摩小屋まで開けた稜線上をいく。1隊とペース
を調整しようと少し待つ。12:00の気象情報の更新を聞いて雷注意報。
避難小屋についてピークをうち、再び1隊を待つ。方針は前進とのこと。明
日には早く下りたいらしい。雲取の北斜面を下り始める。ここで残雪。カリ
カリしてるところがあり転倒者が出る。
藤ティー「もし避難小屋に泊まってイモイモしてたら、夜の雨と朝の冷
気で明日ここは危険だったよ。」
小寺「そだな。」
そのまま慎重に下る。雲取山荘で唐木のWCを待つ。少々長い。あ、1隊が
先を行く。白々しい奴らだ。雨の気配におびえながら白岩山まで好調にいく。
みんな余裕そうだ。白岩小屋でサイト。水場はルートが危険でお勧めできな
い。空身でなくザックで来るべきところ。急斜が手強かった。
雨も雷もなく、夕焼けがキレイだった。カレーを食し木村とスタンツを練る。
谷田寝る。木村寝る。みんな寝る。ZZZ…

4/30(日)晴れ
5:00出発→5:401580m付近→6:451541m先のコル
→7:10妙法ヶ岳分岐→7:30奥宮8:00→8:30ビジター→9:3
0観光道路休憩所→10:10頃ダム付近下山

手際よくラーメンモチを食し朝サイトを済ます。木村が体操を習得しきれてい
ない。松野下さん...が嘆く。霧藻ヶ峰には将軍様っぽいレリーフがあった。
秩父宮夫妻だったので笑える。
岳名は彼らが命名したようだ。
起伏もさほどなくパコパコ行く。妙法ヶ岳に多数決で行く。空身で行ったが思
ったよりかかる。最後のところに鎖場があった。奥宮でアツオの話題で盛り上
がったがどうでもよかった。
あとはとにかくダーッと行く。道路が見え、すでに下界。
ダーッと行ってビジターセンター、道路、ダム。
尾根を間違えて下りたところの桜がキレイだった。
とにかく安く済んで登れてうれしかった♪

総評:問題なく、イベントもなかった。縦走感・マッタリ感があり満足。
が、スタンツの考案くらいしか暇つぶしにならなかった。


posted by TWV at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏山一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。